頭から滝のような汗が!おでこから溢れる顔汗に「病気?大丈夫?」と心配された39歳男性が実践した対策

彼女とラウンド1に行った時に、ボーリング場の横に卓球のブースがありました。そこで、軽く卓球をやることになりました。

私は体質上ちょっとした運動でも、凄い量の汗が噴き出してきます。序盤は特に汗はそんなに出ないのですが、中盤を過ぎた辺りから、滝のような汗がおでこより噴き出してきました。

彼女の前でこの姿を見せるのはこの時が初めてだったので、凄く恥ずかしい思いをしました。彼女は何この人と言わんばかりの目で私を見詰めていました。何かの病気かと思われ、逆に「大丈夫」と心配されてしまう始末でした。

今後は、こういった汗をかくような事はしないように心に誓いました。しかし、あの経験は今思い出すだけでも恥ずかしい出来事でした

頭からの滝のような汗対策のために漢方薬を試した効果

私は、漢方薬を試してみたことがありました。知り合いの漢方屋さんが居て、彼のすすめで汗を抑える薬を処方してもらいました。他の薬やサプリメントよりも漢方薬のほうが体に害がないと思ったからです。

しかし、漢方薬は思いのほか苦くてまずくて長くは続きませんでした。土瓶で40分くらい煮てから飲むのですが、まずくてまずくてとても飲める物ではありませんでした。しっかりと毎日飲めば効いてくるとは思うのですが、続かなければ意味がありません。

効果を実感する前に私は挫折してしまいました。それから、発汗を押さえるスプレーなどを利用しましたが、あまり効かなくこれも有効な手段ではありませんでした。この当時えらく苦労して苦悩した時でした。

原始的な対応方法「タオルをおでこに巻く作戦」が大成功!

私の場合、おでこからの汗は、激しい運動をすると出てくるので、それを防ぐ最高の対策はタオルでした。内面からの改善策に失敗した私は、原始的な方法に切り替えました。

運動前にあらかじめタオルをおでこに巻いておくのです。そうすることにより、事前に汗を防げます。汗をかいても、噴き出してくることはありません。見た目の問題もありますが、夏で運動時ならタオルを頭に巻いていても、それは自然な姿なので、特に気にする人も居なく効果を実感しています。

しかも、彼女もあまり気にしていないのでバッチリかと思います。結果的に、シンプルザベストということです。私もいろいろやる前に、早くこの方法に気づくべきでした。このタオル作戦は良かったと思います。

おでこからの滝のような汗とうまく付き合えるようになって、人目を気にしなくなった

仕事の場面や彼女とのちょっとしたスポーツをする場面、ウォーキング中など、人目を気にせずにやれるようになったのは良かったと思います。

タオルを使用するようになってから、私の体にも異変があったのか、場面によってはタオルなしでも大丈夫な時があります。でも、それは冬限定なため、夏はタオルがないとまだ駄目な点があります。

それでも、悩みが軽くなったので、精神的に楽になりました。しかも、運動やスポーツを人前でやることも苦にならなくなりました。その結果自信の精神改革にもなり、なぜか自信も付いてきました。

ストレスも軽減され、体の調子も良くなってきました。顔汗対策をやって本当に良かったと今では、そんな自分を褒めてあげたいくらいです。

滝のような汗は「みっともない」ではなく「一生懸命頑張っている」と評価してくれる人もいる

顔汗は、一見みっともなく思えますが、そう思うのは一部の人です。見方によっては汗をかくほど熱心にやっていると思う人も少なからずいます。

それでも気になるのであれば、貴方に合う顔汗対策が絶対にあるはずです。それを見つけ出して軽減できれば新しい道が開けてきます。

経験者の私から見ても、完全に治ることは難しいかもしれませんが、今よりも必ず軽減はできると思います。良い対応策が見つかるまで、希望を持ってやっていきましょう。