夏の顔汗でファンデーションが台無しに!化粧水も下地も見直した23歳女性の対策とは⁉

化粧を覚えたての頃、すぐに汗でファンデーションやアイシャドウが崩れてしまい、友人と出かける時や、冠婚葬祭、大切な食事会等に参加しなければならない時、何度も手鏡を見て化粧直しをしていたのですが、化粧をしない母からは「そこまでしてお化粧をすることに何の意味があるの?」と言われたことがありました。

母は化粧は全くせず、肌も綺麗で若々しいです。けれど、私はニキビも出来やすくて顔の形も違いホームベース型なので、どうしても太って見えるのです。それを化粧で隠したいという気持ちを、どうせ汗で崩れるのにと言われてしまって、恥ずかしい上に情けない気持ちになりました。

人前で頻繁に化粧直しをしているわけでもなく、ただあぶらとり紙を使っているだけでもそういった事を言われるのが、とても辛かったです。

夏の顔汗でファンデーションが台無しに!化粧水も下地も見直したけど効果がイマイチだった対策

まず初めに、顔の汗による化粧崩れを何とかしようと試みました。パウダーファンデーションを使用し、化粧下地も皮脂崩れ防止に特化したものを選び、半年くらい使っていました。

けれど、冬になった途端、眉間のあたりが乾燥してファンデーションにヒビが入ってしまったり、粉っぽくなって明らかに厚化粧の見た目になってしまいました。次に肌質の改善を試み、食べ物を見直して油っぽいものを避けるようにし、化粧水と乳液をさらさらタイプのものに変えました。

しかしこちらはすぐに、火に油となる結果に終わりました。乾燥してしまった肌は荒れてしまい、さらには顔汗の量が増えて、あっという間に化粧崩れをする様になってしまいました。自分で検索して試したものはほぼ失敗してしまいました。

顔汗対策が失敗した原因は化粧じゃなくてネットの情報に頼り過ぎたことだった

失敗の主な原因は、私自身の知識不足もありますが、ネットでの検索に頼り過ぎて、精査せずに対策を試していた事が一番いけなかったとようやく思い至りました。

そこでいくつかドラッグストアや百貨店を訪ねて、店員さんに肌の悩みを相談したところ、顔の汗が酷いのは確かに元々の体質もありますが、過ごし方やケアの仕方で改善が見込めるとお教えいただきました。

私の場合は、夏の間はよくよく水分補給をすること、日焼け止めをしっかり塗り、少しでも涼しい服装にする事を勧められました。また、肌質の測定もしてもらい、インナードライになっていると結論が出たため、化粧水や乳液を保湿重視の物へ切り替え、夏も冬も保湿をしっかりするようにとアドバイスをいただきました。

これらの組み合わせによって最高の効果が得られたと思っております。

顔汗対策で化粧を見直せたこどで、肌荒れが劇的に改善した副効果が嬉しかった

一番は、自分の肌質を正しく理解できた事で、肌荒れが劇的に改善された事です。顔の汗は悪いものではないものの、やはり肌荒れの原因になっていたのだと改めて思いました。

化粧崩れもほぼなくなり、お直し様のポーチの重みがかなり楽になったので、出かけるときも気軽に肩掛けなど負担がかかりやすいバッグを選べるようになりました。そして何より、前髪を作る事ができるようになりました。

これが一番嬉しかった事です。顔が大きいので髪型で隠したいのに、顔汗のせいで顔に髪が張り付くため出来なかった小顔効果の髪型にできてとてもホッとしました。

これはついでなのですが、顔汗対策のために水をこまめに摂取するようになったおかげで、夏の間、熱中症等で具合が悪くなりやすかったのが改善されたのもありがたかったです。

顔汗で化粧水やファンデーション選びに迷っている女性へ

顔汗のコンプレックスの気持ちはとてもとてもよくわかります。けれど、改善しようと思い立ち努力して対策をしたとしても、うまくいかない時はあります。

これは体質の問題なので、誰もが同じ対策をすれば治るという事はありません。これをしっかり理解してください。つまり言い換えれば、自分に合った対策もきっとあるのです。

自分だけで改善しようとしてダメだったからと落ち込む必要は全くないのです。知らない対策法はいくらでもあるのですから。一人で行き詰まってしまった時は、皮膚科もいいですが、ドラッグストアや百貨店の美容部員さんに相談することもおすすめです。

諦めず、気負いし過ぎず、とことん向き合っていく心構えさえあれば大丈夫です。